お役立ち情報

日の出保育園へ

インフルエンザはじまりサイン

●急に高熱が出た
●せき、鼻づまり・鼻水がある
●機嫌が悪い・食欲がない・ぐったり

Q1 インフルエンザとは?

●インフルエンザウイルスの感染により、突然の高熱と全身のだるさ、筋肉痛などの全身症状が起こり、これらの症状と同時かあるいは少し遅れてのどの痛みやせきなどの呼吸器症状が現れてくる病気です。
●通常では発熱が2〜3日持続したあと、1週間程度で回復します。
●時には重症になることもあります。
●インフルエンザはその年により流行に差はありますが、通常、11月下旬から12用上旬にはじまり、翌年の1〜3月ごろに患者数が増加します。

Q2 インフルエンザにかからないためには?

●十分な栄養と睡眠をとり、手洗いやうがいをしましょう。
●人ごみに出るときはマスクを着用し、室内の湿度を保ちましょう。

Q3 インフルエンザにかかったら?

●基本的には症状を少し楽にする方法(対症療法)が行われます。
●自宅で十分休養しましょう。
●現在、インフルエンザを迅速に診断する試薬があり、多くの医療機関で検査ができます。
●症状が出て早期(48時間以内)であれば有効な薬が開発されていますので、早めに医療機関にご相談ください。

                                  国立感染症研究所及び
                                  厚生労働省配布資料より

※医療に関することなのでご自身で判断することなく、
  必ず病院にかかり、医師に診断を受けてください。

Copyright (C) 2007 hinodehoiku, All rights reserved.