WELCOME
 
日の出保育園
はじめに

 人間の「脳の発達」は0才から3才までに60%、3才から6才までに80%、あとの20%は成人するまでにゆるやかに発達していきます。そして、子どもの頃の遊びこそ大脳新皮質(性格や行動、個性をはじめ、言語・認知・判断・創造・意欲・感情など高等な精神機能をつかさどる部分)を活発化させるという事が明らかにされてきました。

  では、どうやって大脳新皮質は育つのでしょう? さまざまなものを見て、聞いて、嗅いで、触れて、そして味わって。つまり感覚で何かを受け取ることでしか育って行かないのだそうです。それは自然の中で(人工的なものでなく)、より強くなっていくと様々な研究機関によりわかっています。広い庭で走り、水やお砂場であそんだり、虫取りや虫の鳴き声・木や草花の匂いをかいだり、手で物をつかんだ感触、果物を味わったり、大人達が「汚い」などと制止しがちな、子ども達のそんな行動も、実は子どもの成長に欠かせないものなのです。

 このことを考えると、乳幼児期の育てる自然環境が与える影響は、人生を左右すると言っても過言ではありません。 知識は、教える事ができますが、「心」は教えるのではなく育てるのです。それだけに体験を通し、感じ、共鳴できる環境の重要性が問われます。 最近、幼児や児童が関わる事件や事故が多発しておりますが、乳幼児期に心を育てる事を忘れた反動と考えられます。

 子どもの「今」に必要なものをしっかり与えてあげたい。これが保育者として、日の出保育園が考えていることです。幸いこの日の出保育園と周辺にはたくさんの自然が残されています。その中で存分に自然と戯れ、友達と触れ合い、思いきり遊ぶ時間を作ってあげたい。一度しかない子ども時代を、子どもらしく過ごさせてあげたいと願っています。

 

こども像と保育方針

こども像

思いやりのあるこども

心身ともにたくましいこども

心豊かなこども

善悪の判断ができるこども



保育方針

    日々の生活・自然環境の中でいろいろな体験を通して生きる力を育てる。

    戸外にでて元気にあそび、健康な体をつくる。

    友達や先生との関わりのなかで愛情と信頼感・友達を思いやるやさしい心を育てる


大切な事と保育内容

2つの大切な事

  乳幼児期に大切な事

     特に0歳から2歳までは「基本的信頼感の確立」
     ボクって生まれてきてヨカッタんだ。
     わたしって、大切にされてるんだ。  と実感できること。
     この基本的信頼感が確立されていると、思春期やピンチにあった時、強い人になります。



  2歳から幼児期後半に向けて大切な事

     「自立と自律」
     「自立」=自分で自分のことができるようになること。生きる自信につながります。
     「自律」=生活の約束を守ったり、大好きなおもちゃをお友だちにかしてあげられたり、
           「小さなガマンの積み重ね」をすることです。

     こうして、人間として生きていくための土台を創っていくのです。

保育内容

0歳児
  保育者とのコミュニケーションを重視し、授乳から離乳完了までの必要な過程を正しく
  踏むことにより、乳児期の発育を促し健康的な保育を行う。


1歳児
  生活と遊びが中心ですが、歩行の完成と食事及び無理のない排泄のしつけと言葉がけに
  よる言語の習得に重点を置き、五題生活習慣(食事・睡眠・排泄・着衣・清潔)を身につける。


2歳児
  健康・社会・遊びですが、手洗い・うがい等により清潔と健康に対する関心と知識を持たせ、
  また遊具やブロック、粘土などを使い指先の訓練と協調性・思いやり・譲り合いの精神を
  養うと同時に想像性高める。


3歳児
  健康・社会・言語・遊び等、楽しみながら体験する。

4才児以上
  下記の五領域のカリキュラムで行います

領 域 事 項 保育内容
健 康

保 健
安 全
運 動

病気の予防を心がける
食事の予防・衛生管理(爪・ハンカチ・ちり紙等)
避難訓練・交通指導・運動(プール・サッカー・マラソン・その他)
人間関係 社会生活

ごっこ遊び・散歩・集団遊び・ゲーム等
行事に参加・また行事の為の準備・良し悪しを区別し考えて行動する

環 境

観 察
自然の愛護

物と数についての理解
身近な動植物に興味を持ち、接したり世話をする。

言 語

理解活動
想像力
言語習慣

言語遊び(カルタ・しりとり・なぞなぞ・その他)
絵本・紙芝居・童話・幻灯会
自分の体験談等は発表する

表現1 (音楽)

歌、楽器の表現
動きのリズム表現

器楽指導・幼児体操・童話・リトミック・リズム遊戯
音楽を聴く・和太鼓・鼓笛

表現2 (造形)

造形表現
創造性表現

自由画・折り紙・制作・粘土・課題・観察画
自分や友達の作品について話し合う



TOPへ戻る